Comme Les Héroïnes

映画に出てくるヒロインが着てる服と似てる服をおもにゾゾタウンで探すためだけのブログです。頭はカラッポ、映画に対する知識はゼロですから、映画解説ブログではありません。

『女と男のいる舗道』のナナ(アンナ・カリーナ)

女と男のいる舗道』(1962年、フランス)はジャン・リュック・ゴダール監督の4作目の長編映画で、フランス語のタイトルは「自分の人生を生きる」みたいな意味なんですが、アンナ・カリーナが、カツラなのかな?ショートカットでかわいいです。カチューシャとかもして。

 

女と男のいる舗道 ブルーレイ [Blu-ray]

女と男のいる舗道 ブルーレイ [Blu-ray]

 

 


Vivre Sa Vie - bande annonce Jean-Luc Godard / Anna Karina

音楽はミシェル・ルグランが担当しています。

全くどんな話だったかかなりうろ覚えですが、女優を目指してパリに出てきた女が体を売るという話で、面白いから見てというよりはショートカットのアンナカリーナも見て…という感じで、私にゴダールは説明できません。

 

アンナ・カリーナという女優さんについてすごく詳しく書いている人がいたのでここに貼ります。

blogs.yahoo.co.jp

お母さんはフランス人なのに全然フランス語話せなかったんですね。こういうの見ると勇気が出ます。

 

今日はこれです。

zozo.jp

zozo.jp