読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Comme Les Héroïnes

映画に出てくるヒロインが着てる服と似てる服をおもにゾゾタウンで探すためだけのブログです。頭はカラッポ、映画に対する知識はゼロですから、映画解説ブログではありません。

ローズマリーの赤ちゃんのミア・ファロー

ローズマリーの赤ちゃん』(1968年、アメリカ)は、ロマン・ポランスキー監督の60年代最後の作品で、TSUTAYAにはそんなに目立つところに置いてある印象もなく、どこにあったかな・・・と思ったところ、

 

ローズマリーの赤ちゃん リストア版 [Blu-ray]

ローズマリーの赤ちゃん リストア版 [Blu-ray]

 

 

1968 LA SEMILLA DEL DIABLO Rosemary,s baby. Roman Polanski


Amazonのジャケットを探して見て、ミアファローが可愛い映画というだけを書こうとしていたのですが、そういえばホラー映画だなあと思いました。ホラーコーナー!これはホラーの名作なのかあ。

 

1968 LA SEMILLA DEL DIABLO Rosemary,s baby. Roman Polanski

舞台はジョンレノンも住んでいたニューヨークのダコタ・ハウスで、ミアファローが若い奥様で、妊娠してて、まあ近所の人と怖いことがどんどん起きて頭おかしくなる映画で、近所の人が悪魔信仰で結構怖いんですけど、ミアファローが可愛い。

くるくる着替えるんですけど、着てる服が全部可愛い。

 

http://heckyeahmiafarrow.tumblr.com/post/98321304040

heckyeahmiafarrow.tumblr.com

映画の途中でミアファローが激やせして突然ベリーショートになるんですけど、会社の妊婦さんとかが突然ベリーショートになると、なんか悪魔に巻き込まれたかな…と思うようになってしまった。何で妊婦さんって突然ベリーショートになるのか。

私は頭がカラッポなのでミアファローが可愛い以外に何の感想もなく、次の日はミアファローが可愛いだけの映画『フォローミー』を借りて見ました。

ロマン・ポランスキー監督っていい名前だなっていつも思います。『反撥』(1965年)とかはカトリーヌドヌーヴが可愛いホラー映画なので、すごくオススメで、『赤い航路』はポランスキー監督の奥さんのエマニュエル・セニエが色っぽいだけの映画なのですごくオススメです。

 今日はこれ。

zozo.jp

 これとかどうでしょう。

ミアファロー的寝巻。