Comme Les Héroïnes

映画に出てくるヒロインが着てる服と似てる服をおもにゾゾタウンで探すためだけのブログです。頭はカラッポ、映画に対する知識はゼロですから、映画解説ブログではありません。

凶器と化すゼクシィ

ゼクハラという言葉を知る。最近流行っているそうで、妹の友人もゼクハラをして無事ゴールインしたそうです。

※ゼクハラとは、「結婚願望の爆発した女性が、彼氏の目につくところにそっとゼクシィを置いて、暗に結婚に対してプレッシャーをかけること」とのこと。タウンページくらいの大きさの雑誌でぶん殴ることかと思ったが、予想は大きく外れました。ちなみに男がゼクハラをしたら逆ゼクなんでしょうか。

そもそも、「目のつくところにそっとゼクシィを配置する」というさり気ない気遣いがハラスメントになり得る世の中。ものすごく日常生活にストレスが多いということを物語ってますよね。

だって置いてあるだけでなんか通じますか?「あれ、お前結婚すんの?」とか言われたら逆にハラスメントじゃないですか?これが逆ゼクだったりして。

男性の側が、愛する(はずの)彼女の<結婚したい>という気持ちをハラスメントと感じるなら、価値観の違いということでさっさと別れた方がいいのではと思いますが、そういう男性の気持ちはよくわかりません。

ゼクハラが起こるような男女の関係って、女性が「絶対結婚したいから、彼に結婚したいと(いつか)思ってもらえるように(何も言わずに)頑張る」と思っていて、男性が「そもそも結婚を考えてない(笑)」というようなことが多い気がして、報われないなと思います。どのくらい報われないかというと、不倫くらい。

結婚がしたい人は、結婚がしたい人同士、探したらいいと思う。やっぱり付き合いたての頃から意思表示をしている人たちは、ハラスメントとかは経験せずに、サクサクゴールインしている気がする。

 

MARIAGE

 

結婚がしたいのか、セックスがしたいのか、デートがしたいのか。25過ぎたら一回考え直して、恋人がそれに見合わないなら他の人と付き合うとか、ゼクシィという夢の詰まった分厚い雑誌を凶器に変える前に一度考え直した方がいいですね。