読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Comme Les Héroïnes

映画に出てくるヒロインが着てる服と似てる服をおもにゾゾタウンで探すためだけのブログです。頭はカラッポ、映画に対する知識はゼロですから、映画解説ブログではありません。

モアナと伝説の海

ディズニーのシンデレラって、あんなに家族にいじめられててダメだって言われるに決まってんのに、「私も王子様の舞踏会行きたいです!王子様に会いたい」とか言って、姉さんたちの服のゴミを使ってこっそりドレス縫ってたり、音痴の姉さんたちが歌ってた歌…

結婚やめたら人生オタワ

予感していた通り、結婚するのをやめた。 大学時代の友人に報告すると、「君は破滅型だからね。」と言われ、そうだ、私は昔から破滅型だった、何も変わらない、と思い、泣いた。結局基本的な所は何も変わらない。 結婚するつもりだったので今月末で仕事の契…

オーガニックな国、フランス

日本語でオーガニックという言葉があるけど、フランスでは「ビオ」と言います。BiologicalのBio。まあ有機ですが、詳しいことはここに。 www.newsdigest.fr ビオを知ろう! - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト パリにはビオショップが溢れてい…

結婚します

結婚しますと言ってる人が本当に結婚するわけじゃない。年賀状にその予定がなくとも「今年結婚します」と書くとその年結婚できるというのが去年流行ったそうだけど、それくらい信憑性がない。 結婚すると言って仕事を辞めたのに結婚しなかった人を何人も知っ…

『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーン

『ラ・ラ・ランド』!ゴールデングローブ賞で7部門ノミネート、『セッション』のデミアン・チャゼル監督の2016年のミュージカル映画で、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンなんてみんな絶対に絶対に見たいに決まってるけど、アメリカにいる妹が映画館で…

『マギーズ・プラン』のグレタ・ガーウィグちゃん

飛行機の中で見た、グレタ・ガーウィグがちょー可愛いだけの映画です。 ポスタービジュアルがアメリカのやつより全然可愛い。さすがデザイン様です。 監督は『50歳の恋愛白書』とかのレベッカ・ミラーです。主演のグレタ・ガーウィグは、ノア・バーブバック…

『エターナル・サンシャイン』のキルスティン・ダンスト

『エターナル・サンシャイン』(2004年、アメリカ)ミシェル・ゴンドリー監督の2作目、脚本を担当したのは『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマンで、ラブストーリーの定番という感じに蔦屋に堂々と並んでます。 エターナル・サンシャイン [Blu-ra…

『人のセックスを笑うな』のユリちゃん

『人のセックスを笑うな』は、山崎ナオコーラの小説が原作の、井口奈己監督の2008年の作品、永作博美が美魔女すぎる映画で、 すごく人気の映画だったと思うんですけど、見返してないので永作博美さんが可愛いこと以外あまり記憶にないです。 人のセックスを…

『女と男のいる舗道』のナナ(アンナ・カリーナ)

『女と男のいる舗道』(1962年、フランス)はジャン・リュック・ゴダール監督の4作目の長編映画で、フランス語のタイトルは「自分の人生を生きる」みたいな意味なんですが、アンナ・カリーナが、カツラなのかな?ショートカットでかわいいです。カチューシ…

『ビフォア・サンライズ』のセリーヌ(ジュリー・デルピー)

『ビフォア・サンライズ』(1995年、アメリカ)はリチャード・リンクレイター監督の4作目で、『ビフォア〜』シリーズの3作中1作目で、主演はイーサン・ホークとジュリー・デルピーで、 Before Sunrise - Original Theatrical Trailer ビフォア・サンライズ…

ローズマリーの赤ちゃんのミア・ファロー

『ローズマリーの赤ちゃん』(1968年、アメリカ)は、ロマン・ポランスキー監督の60年代最後の作品で、TSUTAYAにはそんなに目立つところに置いてある印象もなく、どこにあったかな・・・と思ったところ、 ローズマリーの赤ちゃん リストア版 [Blu-ray] 出版…

『勝手にしやがれ』のパトリシア(ジーン・セバーグ)

『勝手にしやがれ』(1959年、フランス)は、ジャン=リュック・ゴダール監督のヌーベルバーグを代表するような作品で、主演はジャン=ポール・ベルモンドで、相手がジーン・セバーグで。 これもTSUTAYAのアイライン棚常連作品で、誰でもジャケットを見たこと…

『パリ、テキサス』のナタキン(ジェーン)

『パリ、テキサス』(1984年、西ドイツ・フランス)は、ヴィム・ヴェンダース監督の長編映画で、TSUTAYAに行くと大体誰かのオススメ映画としてアイラインに並んでいる名作なので、誰でも一度はこのジャケット写真をみたことがあると思いますが、 パリ、テキ…

嫌いな人と映画を観るという行為について

映画館には昔から割と一人で行きたい主義で、映画の途中で話しかけて欲しく無いのと、隣でボリボリポップコーンとかを食べて欲しく無いからで、映画が始まる前のあの注意喚起の広告にはいつも必要以上に激しく同意していて、皆さんどうかお願いしますよと思…

リトルブラックドレスという服について

結婚式というイベントが大嫌いで、ご祝儀払ったのに3年以内に離婚したやつは全員金返せと心から思っているが、結婚式の二次会というイベントには付き合い上たまに出席することもあり、そんな時はドレスアップすることになる。 http://allthroughthenightb.t…

凶器と化すゼクシィ

ゼクハラという言葉を知る。最近流行っているそうで、妹の友人もゼクハラをして無事ゴールインしたそうです。 ※ゼクハラとは、「結婚願望の爆発した女性が、彼氏の目につくところにそっとゼクシィを置いて、暗に結婚に対してプレッシャーをかけること」との…